悩める事業主のブログ

2012年3月アーカイブ

あれから1年

 大地震に津波、原発事故と立て続けの災害に被災された東北、関東の方々に心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。

あの大震災からもう1年過ぎてしまった。

TVやインターネット、新聞といったメディアで報道されていた情報に対して、自分に出来ることは無いのだろうかと真剣に考えた1年であり、また、自分の無力さを思い知らされた1年でもありました。被災地の事に関心を持ちつつ、自分の居場所でいつも通り生活する事しか出来なかった。

一日も早く、被災した方々が落ち着いた生活に戻れるよう切に願います。

e-Tax

毎年、この時期になると役場住民課へお邪魔している。

毎年引越とか毎年家族が増減するとかそういった話ではなく、公的個人認証についてアドバイスなり手続きなりでお世話になっている。今年は公的認証パスワードの入力を一定回数間違えたので(3までらしい)(ポータルサイトによると5回らしい) 住基カードがロックされてしまった事だ。ロックを解除するには住民課へ出向いて身分証明書を提示した後、手続きをお願いすることになっている。

自分ではメモ書きしたパスワードのとおり入力していたのだが、なぜかエラーを連発、解せぬ。

毎年行ってるので顔を覚えている住民課の人の窓口へ出向いてロック解除してもらったのだが、念のため役場でパスワードの確認か、新規パスワードに変更した方が良いとのアドバイスを頂いた。

なるほど、それは良案。

だがしかし、こんな事もあろうかと、モバイル用の通信カードとノートパソコンは持って行ってたので、役場駐車場の車内で再度挑戦する事に。

家では小文字で入力を繰り返した結果、ロックされてしまったので大文字入力で試してみた。

大文字で失敗、大文字で失敗、小文字で失敗、・・・・もう一回失敗だったかな、ロックされました・・・。

絶対おかしい!

モバイル一式を小脇に抱えて再度住民課の窓口へ。

ロック解除の手続きと、新規パスワードの設定を申し出た。

公的個人認証専用の器械(Windows7が動いてた)へ案内されてみると、タッチパネル式のキーボードが表示されていて、いつものキーボードかと思いきや、アルファベット大文字とテンキー形式のアラビア数字しか無かった。

あれ?

メモ書きにはアルファベット小文字とアラビア数字、記号も含まれているのだけれど??

自分の書き間違いなのか?

もしかして、システム変わってませんか?これ・・・。

何故自分のパスワードが無効になるのだ!と詰め寄ったとしても、担当の人に非があるわけでは無いので、素直に新規パスワードを設定して無事に所得税申告書と消費税申告書を送信することが出来ました。

結局何が原因だったのか釈然としなかったが、幾つかパスワードを設定しなければいけなかったので、混乱してしまったのだろうか・・・。ともあれ、今年も確定申告を済ませました。

e-Tax は便利なシステムだからこそ使い続けているのが真実、少々のトラブルも春の恒例行事ですかな。

次はニンジンの出荷に向けて、管理やら準備やら、忙しくなってきた。

 

2012.03.14追記

文面では曖昧な表現になってしまっていたので少し補足しておきます。

e-Taxで申告書を送信する幾つかの方法のうち、今回は国税庁HPの申告書作成コーナーを利用して申告書作成と送信を行いました。必要なパスワードは2つ、公的個人認証のパスワードと電子申告・納税に係る利用者識別番号に設定されたパスワードです。他にも幾つかパスワードを設定した記憶がありますが、こういうの一本化出来ないのでしょうか。一枚の住基カードで納税者番号、健康保険証番号とか年金関係とかも含めると便利だけれど、そうなるとパスワードの重要度が上がってしまって、逆に不安になってしまうかもしれませんけどね。

まぁ、何にせよ、住所氏名と生年月日といった個人情報を管理するシステムだけではもったいない気がしてます。