悩める事業主のブログ

の最近の記事

zakkichou_20131028_132613.png
畑の水分状態を気にしていても何も解決につながらないので、高知県室戸市の室戸岬まで国道55号線をドライブがてら写真を撮ってきました。
荒々しい岩々と黒潮が流れる紺碧の太平洋、水平線を眺めて気分転換!!
やっぱり海は良いです。

zakkichou_20131028_143735.png

室戸岬といえば、有名な灯台があります。
さすが日本最大級のレンズだけあって、大きなものでした。


さて、
zakkichou_20131028_132408.png
室戸岬の岩といえば、地質学的にこういうのがあります。
以下、現地の案内板から引用 -->
タービダイト層(Turbidites)
白(砂)と黒(泥)のシマシマの地層(タービダイト)は、約1,600万年前に深海にあった。室戸は千年あたり1~2m程度隆起し続けているため、深海の様子を身近で観察できる。隆起するさい地層は大きく傾いた。タービダイト層は①河口付近に砂や泥が降り積もる、②砂や泥が地震や台風が引き金となって起こる土砂崩れ、激しい水流によって深海に運ばれる、③深海に運ばれた砂と泥は、粗い粒の砂が先に海底に降り積もり、後で細かい粒の泥が降り積もる、というできごとが何度も繰り返してできた。一枚の砂の層をよく見ると、下から上に向かって砂粒が次第に細かくなっていくようすがわかる。
<-- 引用終わり。
地表にあるものは水平に降り積もった地層が隆起する際にひっくり返ったため、縦縞の地層になっているそうです。

あと、
zakkichou_20131028_133535.png
遊歩道にいるネコも印象的。

Zakkichou_20130721_105542.JPG

 7月20~22日伊豆・箱根方面を旅してきました。

今年は新東名使って御殿場ICまで、SAグルメなんかを堪能しつつドライブを楽しみました。車中での話題は農業関連が多かったですね。いつもの通りです。

 画像は芦ノ湖から箱根関所跡を撮ったものです。

曇り空でガスも発生してたりで撮影には向かないコンディションでしたが、逆に風情のある風景になった気がしてます。画角が足りなくて背景の屏風山?山頂が切れてしまったのは残念かな。

 ところで、今年も富士山は見えず仕舞い。2年連続で不発になってしまいました。山梨県側から見た方が良いのでしょうかね? どうもタイミングが合わないみたいです。

でも、温泉を堪能し、美術館等でリフレッシュ出来たので良い旅行でした。

買い物は静岡産 『紅富貴(べにふうき)』の紅茶とクッキー。

 帰りに立ち寄った道の駅 『伊豆のへそ』にて、

自分なりに清涼感のある画像が撮れていたので貼っておきます。

暑さと局地的な豪雨に気をつけて、夏を乗り切りましょう。

Zakkichou_20130722_092559.JPG

【画像データ】

※Web用にJPEG形式で圧縮して使用しています。下記は元データ。

1枚目:2013/07/21 10:55:42.50| Nikon D800E| 24-70mm f/2.8G| L(7360x4912), FX - 42.0MB| 24mm - オート(ISO 100)| 1/80秒 - f/8| 0段 - 曇天, 0,0

2枚目:2013/07/22 09:25:59.40| Nikon D800E| 24-70mm f/2.8G| L(7360x4912), FX - 41.0MB| 70mm - オート(ISO 100)| 1/320秒 - f2.8| 0段 - 曇天, 0,0

静岡県方面への旅

Zakkichou_20120715_125628_.JPG

先日、二泊三日で静岡県方面へドライブ旅行してきました。

白糸の滝は以前から行ってみたかったところでして、朝霧高原へ向かう途中で寄り道です。

あいにくの曇天でしたが、滝の持つ雰囲気を堪能してきました。

他に、朝霧高原道の駅、隣接するあさぎりフードパークに立ち寄り、高原の空気も味わいつつ見聞を広げてきました。

富士山が見えなかったのは残念でしたが、天候次第なので仕方が無いことです。

Zakkicho_20120715_panolama01.jpg

携帯電話のカメラを使って、浜名湖SAからのパノラマ撮影にも挑戦してみたのですが、2枚しか繋げられません。しかし、雰囲気は伝わると思います。

 

Zakkicho_20120716_panolama02.jpg

こちらは御前崎のショット。眼前に太平洋の水平線が広がってます。

パノラマ写真のつながりが良くないので残念な画像ですが、これでも雰囲気は伝わるかな。

浜松フルーツパークへも立ち寄って色々な果物の果樹園を見学してきました。

入園者への気配りを開芯自然形に仕立てられた柿の木から読み取れます。収穫体験での作業性の良さを考慮されたプロの仕事でした。

ウナギに富士宮ヤキソバ、その他諸々と食べ物も満喫できた旅となりました。

四国カルスト

DSCN0266_20110804_074529.JPG

愛媛県と高知県の県境に位置する四国カルストへ。

何でも日本三大カルストに数えられるというのだが、

徳島に居ながらその存在を知らなかった。

 

本日、天気が良かったし、出かける事に決めた。

 

山へ向かうので参考までに高度計を記録。

自宅前で海抜5mにセット。 

 

 

DSCN0270_20110804_112535.JPG

松山道松山ICを下りて進路を南側へ、久万高原町から四国カルストへ向かうと時間帯通行制限が。

山道ではよく遭遇する事なので、道の駅(美川)で買ったビスケットを頬張りつつ時間待ち。 

 

DSCN0271_20110804_112635.JPG

 ついでに車を降りて周辺を散策。

 

 

DSCN0279_20110804_121610.JPG

通行制限区間を抜けて期待に胸が躍ってきた。 

 

 

DSCN0281_20110804_122330.JPG

さて、愛媛県側から入って、視界が開けたところで高度をチェック。

1,250m 。

涼しくて気持ちが良かった、天候が良ければ遠くまで見渡せたのに・・・・残念。

 

DSCN0282_20110804_122352.JPG 

風車がガス(霧)で回ってるというか、雲を切り裂いているというか、そんな感じでしたね。

 

 

 DSCN0287_20110804_122824.JPG

 

DSCN0288_20110804_122912.JPG

 

DSCN0289_20110804_123308.JPG

恐らく土の中にも岩があるだろうから、鉄条網の鉄柱を真っ直ぐ打ち込むのは難しいだろうと、つい農家的視点で見てしまう。

 

DSCN0290_20110804_123342.JPG

 

DSCN0291_20110804_123422.JPG

  

DSCN0292_20110804_123441.JPG

 

DSCN0293_20110804_123458.JPG

結局、牛の目線がカメラに来ることは無かった。

 

 

DSCN0294_20110804_123725.JPG

 

DSCN0296_20110804_123949.JPG

この木が何かを語りかけてきてる気がする。

もしかして、岩の上に生えてる? 

 

 

DSCN0298_20110804_124020.JPG

近寄れないので、こんな感じに。 

 

DSCN0299_20110804_132003.JPG

 下山は高知県側へ。

山の木々の間から水田が見えると落ち着く。

人里へ下りてきたという安堵感。

 

DSCN0305_20110804_140946.JPG

 

DSCN0308_20110804_141416.JPG

 こんな風景が撮れる場所は・・・

 

DSCN0309_20110804_141546.JPG

 道の駅でした。

 

ここで『四万十うどん』を食べた。

川海苔を練り込んだうどんの上に川海老と野菜のかき揚げがのってました。

 

 

DSCN0311_20110804_141719.JPG

印象は強めにカーブしたトンネル。

 

DSCN0313_20110804_171553.JPG

無事帰宅。

高度計は30m。

25mの誤差があるけれど、大気圧で計測しているようなので、気圧配置が変化すれば誤差が発生するのでしょう。

 

四国カルスト、また行ってみたい場所です。

今日は天候に恵まれず快晴のショットは無かったけれど、雲の中を車で走ってるような気分を味わえた。

帰宅が早かったので、もっと時間を掛けて散策しておけばよかったと悔いが残った。

 

2011/08/05 8:59追記 文面を再編集。

飛騨高山と宇奈月

7月16日~18日、二泊三日で温泉へ行ってました。

岐阜県の飛騨高山温泉と、富山県の宇奈月温泉。

インターネットで宿を予約してカーナビ頼りのドライブ旅行。

観光地は高山陣屋、白川郷、白山スーパー林道、兼六園、東尋坊、氣比神宮。

 

白川郷

DSCN0141_001.JPG

茅葺き合掌造りの建物が建ち並ぶ中心部は洗練され、観光地化しているが、

少し離れれば山村の長閑な雰囲気も残っている。

 

白川八幡神社では 「聖地巡礼」と書かれた絵馬を発見

アニメ化された某ホラーゲームのモデルに使われたと噂される神社らしい。(未確認情報)

 

昼食に食べた山芋のとろろが付いた蕎麦、

飛騨牛のコロッケサンドが美味かったです。

特に山芋のとろろが何というか、えぐみが無くてスッキリした味わいで驚いた。

やっぱり水が綺麗だから出せる味なのかな。 

 

白山スーパー林道

DSCN0144_003.JPG

岐阜県側から入って最初の展望台からの一枚。

冠雪の白山主峰三山は写真に撮れなかったが、

車との対話を楽しみつつ車中から観望。

 

ふくべの大滝

DSCN0148_002.JPG

落差86メートル、白山スーパー林道沿いにある『ふくべ(瓢簞)大滝』、蛇谷随一の滝。

時には水しぶきが道路をおおうこともあるらしい。(案内板より)

 

兼六園

DSCN0165_004.JPG

言わずと知れた名園、なぜかアオサギに目がいって一枚撮ってしまった。

よく見かける風景以外にも絵になる場所が沢山、

庭好きにはたまらない観光スポットかな。

DSCN0172_005.JPG

 

東尋坊

DSCN0197_007.JPG

ここも有名な観光スポット。

テレビドラマで真犯人が逮捕される場所のイメージが強いけれど、

実際には観光地化されていて哀愁とか悲哀とかを感じさせない。

夏の昼間という事もあったのかもしれないが、明るい雰囲気で意外だった。

思い詰めた人が拍子抜けするような場所なら、それはそれで良いのだと思う。

 

氣比神宮

DSCN0208_009.JPG

北陸随一の神宮なのだという。(ボランティアガイドさん談)

近所に『気(氣?)比神社』という小さな神社があるので、

何か縁があるのかと探求心から立ち寄った。

神社仏閣が好きな両親の強い希望もあり、拝観、参拝。

 

DSCN0213_008.JPG

俳人、松尾芭蕉の銅像と句碑もありました。

 

以上。

 

総走行距離約1400㎞、撮影枚数150枚(スナップショット多し)の旅となった。

 

家族で旅行する機会もそう多くないので貴重な思い出になりましたね。

 

ただ、何処へ行っても

「あんなところに梨がある。」

「お、キュウリのビニールハウスだな。」

「この辺は火山灰土か。」

などなど・・・・。

農業関係の会話でやたらと盛り上がった車中でした。

ま、しかたないか。

 

印象に残った食べ物:山芋とろろ付蕎麦(白川郷)、飛騨牛のコロッケサンド(白川郷)、若鮎の唐揚げ(宇奈月温泉)