ビニールトンネル栽培に関するブログ

2011年2月アーカイブ

本日17℃

2011022513170000.jpg

寒暖を繰り返しつつ、季節は春へと移り変わっている。

 同じ様な画像が続くので飽きてしまわれないかと少々不安。

世界的に大事件が連発しているのでニュースから目が離せない日々が続いている。

こうやってインターネットの片隅でブログを綴っている事もあって、中東の民衆運動にインターネットが大きく関わっている事に強い関心をもってしまう。

ニュージーランドでの地震被害からも目が離せないですね。一人でも多くの生存者救出を祈ります。

積雪の後に

2011021610220001.jpg

 14日は6㎝ほどの積雪だったが、ビニールトンネルに影響は無かった。

雪解け水が思ったより多くて排水に少々手間取った、部分的に明渠(排水溝)の勾配を修正しなくてはいけない。

天気が回復して土が乾いたらカルチベータで溝を掘り下げるとしよう。手作業ではキツイから。

明日は午後から雨になる予報、とりあえず、排水ポンプの調整やら動作確認。

TPP反対の署名を求められたが、運動の落とし所というか、主旨が明確では無いと思えたので、お断りした。

国内農産物の需給状態によって今でも輸入品は入って来ているし、今後もその傾向は続くだろうから、現状で満足するための運動なのか、反対運動を通して農家に有利な政策を望むのか、いずれにせよ、交渉役の言葉に鋭さを加えるだけの署名では意味が弱い。

 

2011020913240000.jpg

 雨雲の接近で、8日午後16時14分、久しぶりに乾燥注意報が解除された。

しかし、9日午前3時9分に再び乾燥注意報発令。

昨夜から今朝未明に掛けて雨音で何度か目が覚めたが、畑の土が湿った程度の降雨だった。

雨がビニールの表面に付いていた土埃を洗い流し、日光の透過率が上がって好都合!

多過ぎる雨は困るが、適度な雨はありがたい。

最高気温10℃回復か?

2011020114070001.jpg

天気予報では10℃に届かなかった様子だが、冷え込みは一段落したもよう。

作業中も風が心地良く感じられて、凍えるような寒さでは無くなった。

年初から控え目だった換気率を平年並みに高める。

凍結と寒風にさらされた地面は乾燥気味だが、トンネル内の土壌は適当な水分を保っているようだ。

ただ、昨年のような高温多湿条件にはなっていない。

別の畑で、そろそろ昨年の画像と比較が出来る時期なので後日検討。

低温、乾燥の影響少なからず、されど、適正な管理で今後の回復に期待。